常滑市民俗資料館

常滑市民俗資料館

企画展「陶製墓標~陶に込めた祈り~」展
2016年7月2日(土)から2016年8月28日(日)


常滑は現在もやきものが盛んで、町の様々な場所でやきものを見ることができます。その一つとして、市内各地にある墓地のお墓があります。お墓は死者が葬られた施設で、私たちと先祖、そして未来をつなぐものでもあります。  また、お墓を建てた人、葬られた人の生活や先祖信仰を今日に伝える屋外最大の資料でもあります。これまであまり注目されてきていませんでしたが、常滑ではやきもののお墓が多数つくられており、知多半島全域に広がっていることがわかりました。



f0059665_21354938.jpg
f0059665_21354899.jpg
f0059665_21354648.jpg
f0059665_21354683.jpg
f0059665_21354193.jpg

注目は岡本太郎氏の作品

芸術家岡本太郎氏が制作した陶製墓標「親不孝者が両親に捧げる墓標」が展 示。
これは氏が昭和 27 年に常滑に来た際に制作されたもので、墓標は縄文時代の土偶をモチーフにした独創的なもので、胸のある面が母「か の子」、胸が大きく窪んでいる面が父「一平」と言われているそうです。

f0059665_21354156.jpg
f0059665_21375544.jpg
昭和44年7月 岡本太郎氏は常滑青年会議所企画で講演をしたそうだ。記念に作った皿。
こちらの写真

f0059665_21354208.jpg
左は弊社会長でないか??青年会議所時代なので30代ですね



by 0569355776 | 2016-07-17 21:47

「やる気」「情熱」「楽しさ」 日本モザイクタイル! 愛知県常滑市より!


by 0569355776
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30